整形外科医が大絶賛!書籍や雑誌で話題の関トレ療法とは・・・膝の痛みの原因は実は○○にあった!変形性膝関節症を根本的に治せる関トレ療法

今すぐ下記のボタンでプレゼントを受け取る

慢性疼痛疾患を根本的に治せる最強の運動療法を学べる無料メルマガ

※携帯電話やヤフーメールは届きにくいので、Gメールでの登録をお勧めしております

あなたは患者さんに治療した後喜んで帰ってもらっていますか?

こんにちは。機能運動学研究家・理学療法士の笹川ひろひでです。

あなたがもし治療院や整形外科で患者さんの痛みを取ってあげられないのは明らかな原因があります。


マッサージをして関節の痛みが治った患者さんは
いますか??鍼、灸で関節の痛みが治った患者さんは
いますか!?


マッサージや鍼灸を否定しているわけではありません。
しかし本当に関節の痛みで困っている患者さんが
毎回あなたのところで治療されます。

日本で最も多い関節疾患は変形性膝関節症です。
取れない治療院、整形外科は今後
衰退の一途をたどっていくでしょう。

そして現にあなたも変形性膝関節症の
痛みを取ることができていますか?


もし膝の痛みを根本的に治せる治療家なら
周囲の仲間から尊敬されますし、なりより患者さんから
絶対的な信頼を得ることができます。

「どこまで治療の勉強をすればいいんだろう・・・」
という永遠に感じるような途方のない不安感から
解放されます。

なぜなら、身体の仕組みや構造を知って
いればこれらの問題は解決するからですが
関トレ療法は体の構造を使った治療で知識のない人でも
簡単に関節の痛みを治せるようになってしまいます。

そして99%の治療家は人間の構造を
無視したままの治療を続けているのです


実際にこんな患者さんが治っています

  • 90歳、即手術適応の変形した膝のおばあちゃん
  • 先天的に足の変形を持った幼稚園児
  • どこにいっても治らなかった
    オスグットシュラッター病の小学生スポーツ選手
  • 膝が痛いのに治らずにドクターショッピングを繰り返す40代女性
  • 運動したいのに痛くてウォーキングすらできない
    60代男性
  • 仕事で休む暇なく立ち仕事をしている50代女性の
    膝の痛み
  • 膝の手術をしてから痛みが取れず、
    競技復帰ができていないスポーツ選手

治せない治療家になりたいならページを閉じてください

治せない治療家にはある共通した
特徴があります。


関節の痛みは人の 姿勢・運動が原因で引き起こされます。
つまり 姿勢、運動を変えられる治療家でなければ
根本的に治すのは不可能です。


そして

姿勢、運動をつかさどるのは筋肉であり、筋力がそれらを決めています。

適切な運動指導ができない治療家は
今後生き残っていくのは難しいでしょう。


無料メルマガでは最低限の解剖学の
知識があれば実践できるところまで落とし
込んでノウハウを教えています。


これは実際に私が理学療法士として
現場で80歳から90歳の変形性膝関節症のグレードが最も
進行(すぐに手術するべきレベル)の方を何人もの痛みを
取った方法でもあります。

今すぐ下記のボタンでプレゼントを受け取る

慢性疼痛疾患を根本的に治せる最強の運動療法を学べる無料メルマガ

※携帯電話やヤフーメールは届きにくいので、Gメールでの登録をお勧めしております

痛みに耐えられず毎回あなたを	頼って訪れる患者さんがいます

そこであなたは何もしないのでしょうか?
それともきちんと治せる治療家として技術を磨いていくのでしょうか?


本当に患者さんの痛みを取りたい!!って
思っているなら勉強するための行動しか
ありません。


期間限定で
30名しかメルマガには登録
できない
ようになっていますので、今すぐに
無料登録してください。


そしてもうすでに23名の方がご登録されています。


あなたが”治せる治療家”になれるのは
行動あるのみです。

メルマガの無料登録はこちら↓↓↓↓

今すぐ下記のボタンでプレゼントを受け取る

慢性疼痛疾患を根本的に治せる最強の運動療法を学べる無料メルマガ

※携帯電話やヤフーメールは届きにくいので、Gメールでの登録をお勧めしております

関トレ療法治療家たちの成果ご報告

五十肩の診断を受けた40代女性、たった一週間で改善

整形外科で右肩肩関節周囲炎(五十肩)の診断を受けた40代女性。

話を聞くと整形外科で肩を動かすようにとストレッチの指導を受けひたすら頑張ったが痛みがひどくなるばかりと。。。

おまけに夜間痛もあり眠りも浅いのと、その人の指導と。。。

ちなみに同じ職場のスタッフでしたが、その日は自分が担当になったので肩甲下筋のトレーニングのみと寝る前は必ず肩甲下筋のトレーニングと日中は時間があればするように指導のみ。

1週間後、来院すると可動域も痛みも夜間痛もかなり改善したと言っておられました!

大阪、三重、熊本、岡山、台湾からお問い合わせいただけるようになり膝の痛みは一撃で治しました!

最近、大阪だけではなく三重、熊本、岡山、東京、台湾(笑)からもお問い合わせいただけるようになりました。

先日熊本在住で40代男性の方の膝痛をサポートさせていただきました。

一撃で改善し、痛みは改善したままで元に戻らないとのこと。

この方法が広がれば多くの方が助かります。

沢山の方に知っていただきたいので大阪だけでなく日本全土に広めていきます!

二週間で肩甲骨に出る痛み、しびれを完治!

柔整学校に通ってるベースボール学生。フォロースルー時に痛みとしびれが肩甲骨に出るとのことで3ヶ月苦しんでいたと。

地元で有名と言われている野球のトレーナー接骨院に通っているが一向に良くならず、整形外科の診断なし。

肩甲下筋のトレーニング実施で秒殺でした(笑)ごつい割に体幹が弱いので宿題を伝え約二週間で完治!

もう接骨院はいかないと言ってました(笑)

18歳アメリカのトッププロサーファーから再施術依頼!

以前、治療効果があった方からの紹介で世界ツアーを回っているプロサーファーのパフォーマンスアップと下肢についての施術をお願いされました。名前は上げられなくてすみません、18歳アメリカ人です。

少し事前情報があったので笹川先生に助言をいただいたうえで実施してきました。

結果は多裂筋・腹横筋が効いておらず施術後は股関節の可動性も大幅にアップ!

現状の身体についてもお伝えしとても喜んでくれました!

次また日本に12月に来るので見てほしいとまで言ってくれました。

多裂筋・腹横筋が効いていなくても世界レベルなんだから鍛えていったら。。。さらなる飛躍が楽しみになりました!!

職場のスタッフから神と呼ばれるようになりました(笑)

職場の看護師、右ACL再建術の既往あり。

慣れない和式便器を無理して使用してから健側左内転筋に強い痛みがありかなりの疼痛性跛行がみられました。内側ハムを端坐位で10秒5セット行うと痛みが焼失し跛行もウソのようにあっさり改善しました。

翌日大事な用事があったらしく大変感謝されました。

最近職場の看護師や介護士から痛みで相談されることが多くなり、ほとんどの人が改善するので”神”と呼ばれるようになってしまいました(笑)

関節拘縮、最悪の状態でセカンドオピニオンで来られた患者が4週間で職場復帰

56歳男性、高所からの転落で両手首のコーレス骨折にて保存療法、約二か月長期固定されたそうですが、運動指示が全くなし、関節拘縮、可動域制限、浮腫、痛み、筋力低下など、最悪の状態でセカンドオピニオンにて当院へ来院し外来リハビリに来ました。

手首の関節中心に痛みの許す範囲で自主トレと治療を指導。

2週間で痛み軽減、浮腫も改善し、4週では可動域もほぼフルまで改善!現在は無事に仕事復帰できました!

患者さんが治っていくのも嬉しいですが、私自身の成長が実感できたことがとても嬉しい

腰椎圧迫骨折、肩関節周囲炎の患者さん。2カ月入院していたにもかかわらず関トレ療法を知らなかった私は肩痛を治せず、その場しのぎの筋膜リリースで

「次の日にはまた痛みが元に戻る」

を繰り返し、ADLに支障をきたしたまま5月に退院されました。

先月、この方が胸椎の圧迫骨折で再入院されてきました。肩は痛いままでした。今回は関トレ療法のおかげで日に日に痛みと可動域が改善し、2週間で衣服の脱着もかなり楽になりました。

患者さんが治っていくのもうれしいですが、合宿後の一カ月半で私自身の成長が実感できたことがとても嬉しく、笹川先生に感謝です。

マイナースポーツのプロで肉離れの再発を10分で治せました

マイナースポーツのプロで顔は出せませんが、慢性的な左腰痛トレース3日前にハムストリングスの肉離れを再発してしまったアスリート。

相談を受けレース直前に治療に当たりました。

後弯型と判断し、多裂筋と内転筋のトレーニングを数回行ったところかなり痛みが減ったとのことで、繰り返し行いさらに体幹ストレッチを行いました。

左側のみ実施した時点でかなり痛みが軽減し、健側も同じように行ったところ、腰痛がなくなってしまいました!肉離れもかなり楽になったとのこと!

それまでわずか10分ほどでこれで終わるときまずいと思い、残りは適当にマッサージしときました(笑)

肉離れにおいてはまだ急性期のはずなのに効果があったので驚きました。

レース当日は軽くテーピングで出場、見事好順位でゴールできました!

治療後も多裂筋と内転筋のトレーニングを続けてもらっており、肉離れは約三週間で全く違和感なく治ったそうです。

関トレ療法開発者機能運動学研究家・理学療法士の笹川ひろひでのプロフィール

笹川ひろひで

僕が理学療法士になったのは
「運動のことを知りたかった」

これだけです。小さい頃から剣道をしていて
インターハイに出場したものの、経済的な理由で
大学の体育会で剣道をするのを断念。


幸い、体育学科だったので、スポーツバイオメカニクスやスポーツ医学を勉強したのがきっかけで、西武ライオンズのスポーツドクター・峯島孝雄先生のもとで卒業論文を書く。


大学卒業後、剣道のことを諦めきれず
「もっと運動のことを知ったら今からで剣道強くなれる」という希望を持って大卒と同時にリハビリの専門学校へ。


研究の日々が続く
難なく、理学療法士の国家資格を取り
大阪の整形外科専門の病院にて、あまりにも
膝の痛みが強くて歩けないという高齢者の方々を
多く見てきたことをきっかけに膝関節の痛みを根治させる方法を24時間ずっと考える日々が続きます。


街中で歩いている人を見ては歩行分析、
治療がうまくいかない日には一日中解剖学の教科書を
睨んでいました。

肩や膝の業界の重鎮のような先生のセミナーに
行ったとしても納得できるものが見つかりませんでした。


ただ、ある運動、トレーニングをすると
痛みや姿勢・動作が劇的に改善するというきっかけがあり、
全身の筋肉を一つ一つ、


「そもそも単独で収縮させられているか」
「単独で収縮を入れると姿勢、動作がどう変化するか」

これらを徹底的に調べに調べまくりました。
今日は一日、ハムストのトレーニングしかしないと
どう反応が出るのかと言ったものもやりました。


その試行錯誤を繰り返した結果・・・

全身の各関節には関節を安定させる筋肉が
一関節二つの筋肉により支えられ、爆発的な力を発揮したり、
怪我や慢性疼痛が引き起こされないようになるメカニズムを
知ることとなったのです。


今では”運動が原因で引き起こされる関節痛は治らない”ことがなくなった。


さらにセミナーを開いてそのトレーニング法、技術を教えると

  • 運動学の全く知識のない整体師が半年後にプロスポーツ選手と契約
  • 学生でも、一日たった3時間の自費診療で月30万円の利益を出す
  • 訪問マッサージ10分で劇的に疼痛・動作の改善させる治療家

などなど
治療家が短期間で治療技術を上げている。
僕自身はこれを広めるにあたり雑誌や書籍の出版依頼が
くるようになった。


これは僕だったからできた結果ではないです。
関トレ療法はアスリートでも高齢者でも
できるので、それを正しく教えているだけなんです。

『全国に治せる治療家集団を作ること』
街の治療院と言われるところで、整体師や鍼灸、柔整師、
そしてトレーナーや理学療法士などなど


治療家やセラピストと呼ばれる人が
”治せる治療家”になれれば日本は痛みに悩む人が
少なくなると思っています。というか、街の治療院も
整形外科も慢性疼痛を治せなさすぎです。。。


運動のことを知れば誰でも治せる治療家になれます!!
そして、『人は運動で幸せになれる』ということを全力で
伝えるために今も治療家に

  • 運動の本質と治療
  • 治療家としての働き方、生き方

を発信しています!

次に”治せる治療家”になるのはあなたです!!!!

笹川ひろひで

今すぐ下記のボタンでプレゼントを受け取る

慢性疼痛疾患を根本的に治せる最強の運動療法を学べる無料メルマガ

※携帯電話やヤフーメールは届きにくいので、Gメールでの登録をお勧めしております

PAGE TOP