【応用講座6】たったこれだけで稽古の質が上がる気を付けるべき事

こんにちは!!げきだんです。

 

最近は剣道雑誌でもDVD特典付などで

手軽に剣道の教材を手にできるような時代に

なりました。

 

”強豪校の稽古”と言われる剣道日本が出している

シリーズで強豪校がどんな稽古をしているのかをどんどん

紹介されていますが、なぜそれでも強豪校に変わる

強豪校が出現してこないのか考えたことはありますか?

 

 

どれだけ剣道に対して意欲があったとして

強豪校と同じ稽古内容をしていたとしても得られる

結果が変わってきます。

 

同じ稽古をしているのに上達しない!ということです。

 

 

なぜそのようなことが起こるのかというと

以前にもお話ししましたが”何をしたかではなく、

どのようにしたのか”がとても重要だからです。

 

 

身体機能を高めるトレーニングに関しては

”何をしたか”がとても重要です。たとえば僕が

推奨している多裂筋、腸腰筋のトレーニングです。

 

 

ですが剣道に限らず上達するためには

”どのように意識して行ったのか”がとても

重要になります。

 

 

たとえば、

 

剣道で基立ちをする場合、ただ棒立ちになって

打ち込み台になっている人はいないでしょうか?

基立ちは対戦相手でなければいけないので基本稽古、

打ち込み稽古でも攻める姿勢がかなり重要です。

 

 

基立ちが変わるだけで全く同じ稽古をしていたと

しても相手が上手になる幅が変わってくるわけです。

 

 

他にも色々ありますが、どのように意識するのかは

一つに集約することができます。

 

 

それは

「試合と同じ状況で稽古をしているか」という

ことを意識してみてください。

 

 

打ち込み稽古で気を抜いている人が試合でも

気を抜かないようにできるでしょうか?稽古でできない

ことは試合でもできるようになりません。

 

 

試合ではタダでも緊張するし”打たれるかもしれない”と

いうプレッシャーの中から自分の技を出さないといけない

からです。

 

 

地稽古で目上の先生にお願いするときは

”掛かる稽古”が必要ですが、互角稽古をするときは

常に一本にする気持ちで行っているか、飛び込み技や

出頭などの単発技だけでなく、2,3繰り出してしっかり

一本にできているかなどなど、

 

 

”試合と同じ緊張感、気迫で稽古する”

 

 

ということがとても重要なのです。「試合に弱い」と

言っている人ほど、稽古での緊張感が低かったり

試合とはかけ離れた稽古をしている傾向にあります。

 

 

「試合だったとしたら今の稽古はこれでいいのか?」

 

自分に問いかけてみてください(^^♪

 


剣道 ブログランキングへ

kendobana