剣道の攻めについて ~最も重要な攻めとは~

seme

どうも!!久しぶりの更新になります。

げきだんです。

 

 

剣道の『攻め』って教わるけど

いまいちよくわからないことって

ありませんか??

 

 

道場の先生に

「攻めがない」

「お前の剣は怖くない」

 

なんて言われてもどうすれば

良いのか分からないことばかりです。

 

 

全日本選手権に出ている選手の

攻めは剣風によってさまざまですが、

攻めにはある共通点があります。

 

 

攻めは形として

払う、中心を押さえる、打ち落とす、巻く

 

 

など竹刀の動き、剣での攻めによって

行われていると思われていますが、

 

 

実際に高段者の方と稽古して、竹刀で

攻めているつもりでも「攻めていない」と

指摘されるわけです。

 

 

ここで攻めについての私げきだんの

一考察をお話ししたいと思います。

 

 

私が実際に同級生に「攻めって何だ?」と

問われた時に、一生懸命教えたことをお話し

します。

 

 

一般的にいわれている攻めというのは

心、剣、技で攻めるように教わります。

 

先ほどの竹刀を操作して攻めるのは剣での

攻めになります。技で攻めるのは一本打った

後に出頭を狙ったりなど技をつなげて相手の

起こりを捉えます。

 

 

たとえば、胴でさばいた後に、相手は次は

面に来るだろうと思って打ち込んできたところを

虚をついて胴を再度、打突するといったものは

技で崩していることになります。

 

 

二段技もそうですね。突きで崩して面を

打つのは技で相手を攻めているわけです。

 

 

もっとも重要な攻めは心、つまり気攻めが

重要になるわけです。先ほどの二つの攻めは

剣道の経験年数を重ねるごとに上達していきます。

 

 

しかし高段になればなるほど、竹刀の動きは

小さく、技の手数も少なくなります。

 

 

つまり段審査で見られる攻めというのは

『気攻め』ができているかであり、私たちが

最も極めなければいけないのがこれになります。

 

 

そこで『気攻め』とはどのようなものなのかを

考えていきましょう。

 

 

攻めというのは・・・

相手に打たれる!!っと思わせることが

肝になります。

 

 

打ち気を見せることが攻めの第一歩に

なるわけですが、打ち気を見せて簡単に

打突に入ると相手も打ちやすくなるわけです。

 

攻めて ⇒ 打つ

 

このパターンしかない人は、相手に動きを

読まれやすいため、逆に相手に打つ機会を

与えてしまいます。

 

 

”打ち気がなければ相手は怖いとも

思わない”ですし、自分のペースで試合を

運べるわけですね。

 

 

しかし

 

 

”打ち気を見せるが、打ってこない、または

どこを狙っているのか分からない”

 

状態で打ち気を見せられたらどうでしょう?

攻めのパターンが、

 

攻める ⇒ 打たない ⇒ 攻める ⇒ 打たない

攻める ⇒ 攻める ⇒ 打たない ⇒ 攻める ⇒ 打つ

 

いつ打突してくるのか分からない

から相手は”攻めを怖い”と感じるわけです。

ですから”自分から打突しようと思う気持ち”

があって竹刀を操作したりするため相手は

打たれる恐怖心を抱くんですね。

 

 

攻められている側としては

打たれるかもしれない危険性であると

ともに自分の打つ機会と判断するかも

しれません。

 

 

打たれるかもしれないと相手が思って

下がったり、竹刀を押さえたり、崩したり

した瞬間は絶好の打突の機会になります。

 

 

さらに相手が打つ機会だと思って

打ち込んでくるのであれば、応じ技に

転じれるわけです。これが相手を誘った

状態になるわけですが・・・。

 

 

しかしこの気攻めの前提にあるものは

攻めて打ち込んだ時に有効打突をしっかり

と打てる能力があるかによります。

 

 

いくら打とうとする打ち気を見せても、有効打突に

できる技や基本的な打突ができていなければ

相手は”打って来られても全然怖くない”のです。

 

また応じ技に転じられる能力も重要ですね。

 

 

なので有効打突にできる基礎基本が

そこにあり、打突しようとする気持ちが

我慢できて初めて相手を攻め崩すことが

できるわけです。

 

 

結局は攻めにおいても

剣道の基礎基本が根本的に重要に

なるわけですね。

 

 

剣道のトレーニング以外にもこういった

剣道特有の技術に関してもお話ししていきたい

と思います(^^♪

 

げきだん@ひそかに剣道で全日本を目指している理学療法士

 


剣道 ブログランキングへ

kendobana

 

PR広告

2件のコメント

  • 剣道バカ

    攻めについて、よくわかりました。ありがとうございます。攻めの時の、足の動きがよくわからないので、教えていただきたいのですが、よろしいでしょうか。

    • kendo-kitigai

      足についてはまずはひかがみを伸ばす
      ということが最も重要です。

      攻めを行っている間に
      足幅が広くなり膝が曲がって
      来るのであれば、

      左足を引きつけて足幅の間隔を
      一定に保つ必要があります。

      ですので、

      攻めを行っているときの
      足の注意点は・・・

      常に打突できる状態か

      ということにフォーカスして
      いただければ自ずと位置や
      運び方が決められてくると思います。

      また分からないことがあれば聞いてください。

コメントを残す